管楽器のトランペットを演奏することです。

中学校のクラブで吹奏楽部に入り、希望したわけではなかったが先生より与えられた楽器がトランペットで、それから始めました。本当はフルートをしたかったので途中で同級生が辞めた時に変わりたいとも思ったのですが、結局そのままトランペットをし続け、学生時代(中学校・高校・大学)はずっと吹奏楽部でトランペットを演奏し続けました。続けることが出来たということは、自分にあっていた楽器だったと思います。社会人になってからは、母校のOBバンドや一般バンドでトランペットを演奏し続け、現在はYAMAHAの大人のレッスンに通って、トランペットを吹く時間を作っています。いろいろ続けていると派生するいろんな楽器に興味が出てきて、フリューゲルホルンなども購入して、たまに演奏会や発表会などで演奏しています。楽器を演奏することは、ストレス発散にもなり、新しい出会いも出来るため、続けていて良かったなと思う趣味の一つです。体力的にいつまで演奏し続けるか分りませんが、出来る限りは続けて行きたいなと思っています。

コメントを残す